Online Column

TOP > Online Column > 特定技能ビザ申請には何が必要?

特定技能VISA 申請書類Q&A No.01

特定技能VISA 申請書類Q&A No.01

Q. 特定技能ビザ申請には何が必要?

 

A. 必要な書類は大きく3種類です

申請内容によって、提出書類に違いがあります。入管から申請書類及び添付書類の一覧がチェックリストとして公開されているので、確認が必要です。そのリストにある書類を分類すると企業書類、外国人書類、入管指定書類の3つとなります。

企業書類とは企業が保管している決算書類や、企業が役所で発行してもらえる納税証明、各種支払い済みの領収書類などです。

外国人書類とは自身の履歴書や課税証明書、国民健康保険料の領収書等の自身で用意する(用意できる)書類です。
入管指定書類とは、入管が公開している参考様式のことで、雇用条件書や支援計画書など特定技能外国人を雇う場合に必要となる書類のことを言います。

上記の書類を準備するにはそれぞれ発行されるまでにかかる時間も違っています。労働局や年金事務所、税務署など各種役所で発行してもらうものや、健康診断票など準備できるまでに時間がかかる書類もあるので、用意する順番をよく考えて準備作業をすすめる必要があります。
 
>インデックスに戻る
 

【同じカテゴリーの記事:申請全般】

Q. 特定技能ビザ申請には何が必要?
Q. 書類作成時の注意点は?
Q. 両面印刷の書類ってどうしたらいいの?
Q. サイズがA4じゃない書類ってどうしたらいいの?
Q. 追加資料を求められたけど、どうやって何を出したらいいの?
Q. 在留期限って絶対守らないといけないの?
Q. 申請書類が足りない場合は申請できないの?
Q. 必要書類一覧の中に書いてないけど必要な書類ってあるの?
Q. 入管の人から理由書を提出してくださいって言われたけど、理由書ってどんなことを書けばいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加