技能試験制度とは

TOP > 技能試験制度とは > 特定技能測定試験とは

特定技能測定試験とは

特定技能測定試験とは

日本で就労を希望する国内外の外国人の方々に対し、「日本語能力」と「技能」の水準を評価する試験です。
「日本語能力」水準は、独立行政法人国際交流基金が実施する「国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)」又は独立行政法人国際交流基金および日本国際教育支援協会が実施する「日本語能力試験(JLPT)」において判定されます。
「技能」の水準は、各分野ごとの業界団体が実施する「技能測定試験」において判定され、これらの日本語能力並びに技能測定試験に合格する必要があります。
当協会では、「外食業・食品製造業、宿泊業、ビルクリーニング業」分野の試験対策のご支援を行います。


【分野別試験実施機関】

【外食・食品製造業】一般社団法人外国人食品産業技能評価機構
 https://otaff.or.jp/
【宿泊】一般社団法人宿泊業技能試験センター
 https://caipt.or.jp/
【ビルクリーニング業】ビルクリーニング外国人材受入支援センター
 https://ascf.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加