特定技能制度とは

TOP > 特定技能制度とは > 特定技能制度とは

特定技能制度とは

少子高齢化に伴う人手不足への対処として新たに創設された在留資格です。
特に人材不足が顕著な分野、特定産業分野14業種を対象としています。



■■■特定技能1号■■■
特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格

■■■特定技能2号■■■
特定産業分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格



特定産業分野:介護,ビルクリーニング,素形材産業,産業機械製造業,電気・電子情報関連産業,建設,造船・舶用工業
自動車整備,航空,宿泊,農業,漁業,飲食料品製造業外食業
※特定技能2号は下線部の2分野のみ受入れ可


法務省HP
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00196.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加